希望のかなた

カウリスマキの最新作が面白そうだと思っている。

 

2016年の夏に、アーティスト・イン・レジデンスで滞在した北欧の港町で、シリア人家族と白夜を見たことを思い出したから。

 

私はそれまで北欧にシリア難民がいるとは思いもしなかった。この国は三方を海に阻まれているし、陸続きでは遠いし、冬は寒いし、なにしろ途中にはドイツがある。難民の目指す地はドイツだと思っていた。が、彼らはいた。

 

海が見渡せる山の頂上で、奥さん持参のポップコーンを食べ、ホットコーヒーを飲み、まるで地元の人が迎えてくれたかのような歓待を受けた。実際、私が日本から来たことを知ると、家族の一人が「いらっしゃい!」と言った。

 

彼らに関しては、近くのキャンプ場で寝泊まりしているという事だけを聞いた。難民かどうかは知らない。白夜を見に来てるのだから野暮に思えて、詳しくは聞かなかったし、聞けなかった。

 

そんな山頂の時間は止まっているようで、なのに夜の太陽は海の上を横に移動していくし、ずっと日暮れのような、夜明けのような光の中で、時間の感覚も現実感もおかしくなってきたところで、話す事もなく少し遠目にシリア人の家族を眺めていたんだけど、それはただただ本当に、白夜を楽しんでいる穏やかな家族像だった。

 

私がシリア人と会うのはこれが初めてで、今のところ彼ら以外には会ったことがない。とてもチャーミングなご家族だったので、カウリスマキの映画は観に行きたいなと思っている。

 

ちなみに。

 

彼らがこちらに話しかける前、「日本人?あれ日本人?」と、しきりに確かめ合っていたのが聞こえてきて、お互いどう見ても異邦人だから誰でもいいじゃない!と、むず痒く思ったことも思い出した。